泣ける離婚相談
泣ける離婚相談
ホーム > 生活 > 紫外線対策のやりすぎは健康に良くない

紫外線対策のやりすぎは健康に良くない

紫外線対策は、美容のために、必須事項だと言えますが、
健康の面から見ると、全く日光を浴びないのは良くないと言えます。


と言うのも、私たちのお肌というのは、紫外線を浴びることで、
ビタミンDと呼ばれる栄養素を作り出すことができます。
このビタミンDは、筋肉や骨を健康的に丈夫にする効果や、
がん予防効果、精神安定効果などがありますので、健康には欠かせません。


不足すれば、鬱のような症状が出る、骨が弱くなって足腰が痛くなる、
などの症状が出ますから、注意が必要です。


大体、夏場であれば1日15分、冬は1時間程度、
日光に当たるのが健康的だと言われます。


ただし、日焼けの気になる部分をお肌に当てる必要はありません。
手の平だけ日光浴をすれば、充分にビタミンDを作り出すことができますので、
毎日手の平以外は紫外線対策を行って日光を浴びると良いでしょう。


また、食品からは鮭などにビタミンDが多く含まれていますので、
食品から摂りながら対応するのも1つの手です。


また紫外線を浴びると、ニキビができやすい...と思っている方が
いますが、他にも原因はいろいろと考えられます。
そんな方は是非このサイトで勉強してみてください。